よくある質問 Q&A | 松山市の中古住宅・中古マンション・土地などの不動産情報は三福売買ステーションへ

三福売買ステーション
フリーダイアル:0120-975-329
お得な情報はこちらから!
会員登録
現在の売買物件数
一般
公開物件
0
6
4
4
会員
公開物件
1
3
6
3

よくある質問 Q&A

お店に相談に行きたいのですが予約は必要ですか?
予約は不要です。ただし、お客様対応中の場合はお待ちいただくことがあります。また、事前にお探し条件などをお伺いしておきますと、予め物件資料のご準備ができますので、事前予約をオススメしております。
ホームページで気になる物件を見つけたのですが、相談すると営業をかけられそうで行くのが不安です
「不動産」の購入は一生で一番のお買い物。そのことは私たちが一番理解しています。無理に購入を勧めることが良いことではないことを経験上知っています。人と人の間に縁があるように、不動産とも縁が大事です。縁がない物件を無理矢理勧めることは致しませんので、ご安心ください。縁のある物件が見つかるまでお付き合いさせて頂きます。ただし、少し背中を押したほうがいいかな?と思うときは、そっと助言させて頂き、お客様にとって最適の物件をお探しします。
お店に行くとホームページに載っていない物件や掘り出し物件を紹介してもらえますか?
基本的にはHpに掲載していますが、中には売主様のご意向でHPなどへの掲載をしないでほしいといわれる物件もございます。そういった物件は広告活動ができませんので、ご来店時にご紹介させて頂きます。また、ご来店頂いた後や遠方にお住まいでご来店できない場合でも、希望条件についてメールや電話で詳しくお伺いさせて頂ければ、希望に合う新着物件が出た際、お客様にその情報をご連絡させて頂けます。
家を購入するか、賃貸物件かで迷っています
現在賃貸に住んでいる方であれば、現在の家賃と家を購入した際の毎月の支払額・返済額を比べてみてください。実はお支払いの家賃で住宅ローンが支払えるケースがほとんどです。老後に支払いをしないで済む家を購入するか、生涯家賃を支払う賃貸物件に住むか・・・。それだけでなく、駅近くが良いか、広さを重視するかなど、条件によってどちらが良いかは異なりますので、条件での比較も大事な要素です。
自己資金がなくても購入できますか?
一般的に住宅ローンでまかなえるのは、物件価格の80~90%程度です。となると、物件価格の10~20%程度は用意しておくに越したことはありません。ただし、金融機関によっては、100%のローンや諸費用ローンなどが利用できる場合もございますのでご相談ください。
購入時、物件価格以外の諸費用はどのくらいかかりますか?
諸費用の内訳は、登録免許税、印紙税、ローンを利用する場合の事務手数料、不動産取得税等の税金や、保険料、保証料、不動産会社に支払う仲介手数料などがあります。これらの諸費用の合計は一般的に物件価格の7~8%程度となります。この他にも引っ越し代や新生活に必要な家具家電などの経費もありますので、これらを含めて総額どの程度の費用がかかるのか考えておきましょう。
手付金はどれくらい必要ですか?
一般的には売買代金の10%を支払うことが多いです。買主側が契約を解除したい場合、手付金を放棄することで契約を解除することができます。逆に売主側から契約を解除したい場合は手付金を倍返しすることで解除できます。したがって、どちらの側においても簡単に契約の解除ができないようにするため、小額の手付金は避けられた方がよいです。
中古住宅の場合リフォーム代は売主・買主どちらが負担するのですか?
中古住宅の売買は現況引渡しの場合が多いです。つまりリフォームは買主側の負担となりますが、弊社では購入時に一緒にリフォームの相談なども承っておりますのでご安心ください。
中古住宅を購入し引き渡し後に雨漏りなどがあった場合、売主に対して補修費などを請求することはできますか?
売買契約書には「瑕疵担保責任」の条項が含まれており、一般的に引き渡し後一定期間内に「雨漏り」「シロアリの害」「構造上主要な部位の木部の腐食」「給排水設備の故障」などが発見された場合、売主の責任において補修することになっています。しかし、中古住宅の場合は、築年数がある程度経過していて、瑕疵があることがある程度予想されることから、契約によって売主の瑕疵担保責任が免除されている場合も少なくありません。契約条項をしっかりと確認しておきましょう